スキャルピングFX

FXのスキャルピングでしっかり利益を上げる3つの方法

FXのスキャルピングとは?

スキャルピングFX

FXのスキャルピングは、短時間で何回も取引する取引で、利幅も損切りの値幅も小さくして、小さな勝ちを何回も積み上げて利益を上げていく方法である。デイトレードよりも取引回数は多くなります。

スキャルピングを行うのは、ヨーロッパやアメリカの取引市場が開いている日本時間の夜9時以降が、値動きが激しくなるのでおすすめです。スキャルピングは取引回数が多く、反射神経や独特の感なども要求されますが、損切りの値幅が狭いので、負け続けたとしても損失が限定されるメリットがあります。スプレッドの狭いFX業者で取引を行うのがポイントになります。

日本時間の夜9時以降からがスキャルピングのゴールデンタイムということで、サラリーマンでFXのスキャルピングに取り組む方も多いです。うまくコツを掴んで勝てるようになれば、リスクはあるものの、あとは一回ごとの取引額を増やせば利益もどんどん伸ばせますから、FXのスキャルピングはコツを知った人にはかなり有効な取引手法と言えるでしょう。

スキャルピングが可能なFX会社は?

クレジットカードの申込み

FXのスキャルピングですが、取引回数がどうしても多くなりますので、取引手数料が無料で、かつ売値と買値の値幅、すなわちスプレッドが狭くなっているFX業者で取引を行うのが鉄則となります。そうしないと取引コストだけでもバカにならない損失となってしまいます。この点で、取引手数料がかかるくりっく365のFX業者は選択肢からはずれることになります。

なおかつスキャルピングには瞬時の判断も必要となりますが、その瞬時の判断をすぐに反映して実行できる強固な取引システムであることも重要な条件になってきます。一瞬の判断が大切なスキャルピングだけに、注文しても全然約定しないなどということがあってはどうにもなりません。

取引手数料が無料でスプレッドも狭く、かつ指標発表時でも注文がしっかり通るFX業者がスキャルピングには最適ということになります。このようなFX会社をFX 比較サイトなどを丹念に見て調べていきましょう。

現実には、取引手数料無料でスプレッドも狭いところはシステムが弱く、システムが強いところは取引手数料が発生したり、スプレッドが狭くないなどのジレンマがあります。スキャルピングでしっかり利益を上げるには、指標発表時にはあえて取引を避けるなどの対策を講じるのも一つの手です。もし1000通貨取引など小額で取引できるFX会社であれば、まずは1000通貨の小額取引からはじめて実際の約定力やスリッページがどの程度かを測ってから本格的に行うべきでしょう。